スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二百五十六日目 広島~岡山 「源五郎米」

2月16日、生きてます。
今日は前日に引き続き水田調査。
朝にダルマガエル米を調査した後、少し南下して倉敷市の源五郎米を見に行きます。

無題2
水田調査の後に岡山方面に向けて進み、こんな感じ。
昨日の終着点と今日の出発点が違うのは、農家さんに少し軽トラで送ってもらったからです。


昨日の夜、日を跨ぐまで話をし、農家さんが帰った後、深夜まで農家さんが置いて行ってくださった膨大な資料(ダルマガエル米に関する新聞記事の切り抜きとか)を読んでいて、寝たのが2時を過ぎた頃。
今朝は農家さんが水田を案内してくださる約束だったので、農家さんが6時半時頃に起こしに来てくださいました。ありがとうございます(泣)  

そんな訳で軽トラに乗せてもらってダルマガエル米をやってる田んぼとかを案内してもらいます。
021601.jpg
これはすぐ近くの河川の脇の林なんですが、只の林ではありません。
「ギフチョウ」という絶滅危惧種のチョウを保護してる林だそうです。
見た感じ普通の林と変わりませんですけどね(笑)
ここの農家さんはダルマガエルの他に、このギフチョウや、ヒョウモンモドキといった珍しい生物の保護に勤めていらっしゃるそうです。
やっぱり環境保全に凄く意識が高い。
他にも河川改修も三面コンクリート張りで無く自然の石を使って回収をしたり、
様々な生き物がこの辺で生きていけるようなため池(ビオトープ)を作ったりと。
ここの環境は素晴らしい。マジで。

021602.jpg
この看板がある、ここら一帯がダルマガエル米をやっていろ所。
「小谷」という所にある「ビオトープ」なのでビオターニらしいです(笑)
そういえばダルマガエル米の説明をあんまりしてませんでしたね。
簡単に言うと、ダルマガエルという、これまた絶滅危惧種のカエルがここで生きていけるよう、カエルに住みやすい配慮をした米ずくりをしている田んぼ。
例えば減農薬、減化学肥料にして、あとは水田にいるオタマジャクシが干からびることの無いよう、オタマジャクシに足が生えるまでは田んぼに水を張っておくなど。

もともとこの当たりにはダルマガエルはいなかったんですが、すぐ近くのダルマガエルの生息地が開発で潰されてしまうため、ここにダルマガエルを避難させたらしいです。

021603.jpg
ここがその田んぼ。
冬の間も水を貯めてるみたいですが、水面が凍ってる。
流石にカエルは土の中で冬眠中です。

021604.jpg
三面コンクリではなく、自然に近い形で改修された川。
側面を石積みにすると、その隙間に色々ないきものが住めるので生態系が豊かになります。
水の流れも複雑になり、流れの速い所、遅い所、砂の溜まった所や、草が生える所など様々な環境が形成されます。それは生き物にとてもいい。


色々案内してもらった後、今度は源五郎米を見に再び倉敷に戻ります。
そしたら、農家さんがこのまま軽トラで送ってくれると言ってくれました!
なんでも今から源五郎米も話を聞きに倉敷のJAに向かうのですが、源五郎米の田んぼはここ世羅町とJAの中間にあるとの事。
JAに行って場所を聞いて再び田んぼに行くのは二度手間なので、送ってくださると。
ありがとうございますホント何から何まで。

そんな訳で源五郎米の水田を見て、そのままJAまで軽トラで送っていただきました。
そして今度はJAで源五郎米の担当の方に色々話を伺いました。
「源五郎」ってのは昆虫です。
大きさ5cm位で楕円形、濃い緑色をしてます。水の中に住んでいて、弱ったオタマジャクシや魚などを食べる肉食性の虫。こうらのフォルムが凄く綺麗で、自分的にはカッコイイ。
ただコイツ等の凄い所は、水中での呼吸の方法にあります。
元々水中では呼吸できないんですが、水にもぐる時は羽の下に空気を蓄え、それを利用して水中で呼吸します。しかも、水中に溶けている微量な酸素を羽に蓄えている空気のなかに集め、かなり長い間の潜水を可能にします。その「水中に溶けている酸素を空気に取り込む」仕組みが凄く化学的で、これを「プラストロン呼吸」といいます。
どうです? こんな小さな昆虫ひとつとっても人間には真似できない生きる智慧が凝集されています。
たかだか虫、とは馬鹿に出来ない。こういう種を人のエゴで絶滅させるのは忍びない。

まあ、それでJAの方に色々お話を聞いたのですが、生産者の方とは連絡がつかなかったので中々突っ込んだお話は出来ませんでした。残念。
これはまたきて是非しっかり話が聞きたいなあ。
あと、此処では源五郎米の他に「みつぎ健康米」ってのもやってるみたいで、それに関するお話も聞かせていただきました。

JAで話を聞き終わり、広島での調査が終わったので、岡山に向けて進みます。
岡山市に友達がいるので、そこを目指す。
といっても尾道を出発したのが3時。
岡山へたどりつくにはちょっと時間が遅かった。
そんなわけで途中の井原という所で一泊しようかなと思っていたんですが、この辺り寝れそうな所があんまりない。仕方なしにファミレスに行ったんですが、ここ深夜3時までしかやってない!
しかも明日は雨が降るそうなので、ここで少し仮眠を取ったあと、再び岡山を目指して走る。
雨が降る前に…と思ってたんですが、結局そこ宇宙に雨降り出して結局びしゃびしゃ(笑)

結局岡山市についたのが翌日の朝7時(笑)
ハードな一日(と7時間)でした。


走行距離:125.19
積算:14118
お金:1156
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野宿人

Author:野宿人
自転車で日本を一周しようと試みる大学生です。
基本的に行程中は一日一回更新する予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。