スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二百四十九日目 高知 「メダカ米」

2月9日、生きてます。
今日は水田調査の日です。
高知県伊野にあるメダカ米を見てきました。

無題
いのに行って色々してた割にはすっごい進んだ。気がする。


朝は昨日寝た道の駅を早めに出発。
というのも、ここの道の駅が確か8時頃に開くので7時には出発。
最近は朝が早いから寝起き寒いぜ。
020901.jpg
途中で通った凄くいい田舎の集落。
なんかこういうのが、あるべき姿だな~と思いながら。
今の日本も、いつかはこんな感じの暮らしに行きつくんじゃないかと思うな。
ここは昔の自分がよく遊んでいた田んぼと同じような、懐かしい匂いと感じがしました。

それからしばらく進んで、伊野の町役場に到着。
農政担当の方に色々とメダカ米の話を聞きます。
メダカ米を始めた経緯とか、現行農法との違いとか、売れ行きとか、今後とか、周りの様子とか、地域に及ぼした影響とか、その他諸々。
凄く熱心に話してくださいました。

その後、そこの水田の場所を聞いて、そこを見に行きます。
すぐ近くだったのですぐ見つけられました。
そしたら丁度メダカ米を作ってる農家さんがいらっしゃたので、農家さんにもお話を聞きます。
作業用の小屋に案内してもらい、椅子を用意してくれ、色々聞かせてくれました。
自分の仕事を楽しそうに語ってくれる人って良いですね。見ていてこっちも元気になる。

020902.jpg
これがメダカ米を作っている水田のま横にある調整池。
メダカ米のメダカは、この池にいたものが勝手に水田に登ってきたらしいです。
因みにこの池はこの地域の命綱らしいです。
というのも、この地域は盆地で洪水の際には水が貯まりやすく、道路の上2m近くまで水没したときもあったようです。
なので、この池は増水時に水が溢れないよう、一時的に水を溜めておく為の物だとか。

調査が終わった後は再び高知方面へ。
しかしその前に少し寄り道。
伊野の物産館でトマトを購入。
さっき役所の人に聞いたんですが、ここのトマトはすごく甘くておいしいらしいので。
で、一袋200円だったので買って食ってみたら、最初はあんまり普通と変わらなかったんだけど、
噛んでるとどんどん甘みが出てきて美味しい。
スルメみたいなトマトだった(笑)

高知市に入ると、自転車屋を探す。
というのも、最近車輪のスポークがポキポキ折れるので、自分で調整しとこうと思ってスポークを締め直す道具を購入。
ちゃんとしたのは置いてなくて、簡易のものだったんだけど十分使える。
これで一安心。
スポークを締め直し、車輪のふれを取ります。我ながら良くできた!

このまま市内で夜を迎えてしまうと、ネットカフェかファミレスに泊まらざるをえなくなるので、
チャリの調整が終わると早めに高知市を脱出。
香南から安芸までの間に3つほど道の駅があるので品定めしながら進みます。
が、香南を通るときに何処からともなくあま~い匂いが。
この匂いは…酒粕! 間違いない!
ということは…酒蔵!!

周辺を探すと、やっぱりありました!
豊の梅、龍奏などというお酒を作っている酒蔵、高木酒造さん。俺の鼻に狂いはなかった(笑)
ここの酒蔵は、日本で一番早い時期にお酒を作り始めるみたいです。
だいたい9月とか。すげー早い。
色々と試飲させていただきました。
ここの純米酒は、高知県らしい、ピリッとした辛口。鰹のたたきとかによく合いそう。

そういやここの酒蔵には、数年前に竜巻が発生したそうです。
酒蔵の真上に。
そのエピソードがあったので、ここで一番いいお酒には龍奏という名前が付いています。
「龍巻が奏でるお酒」で龍奏。
全国新酒鑑評会で金賞を取ったんだとか。

そんなこんなで取り敢えず安芸の道の駅まで走り、そこで一泊。
その時寄ったスーパーで、鰹のたたきがめちゃ安かった。
300g位パックに入って300円しなかった!
いいね。実にいいね。



走行距離:102.48
積算:13446
お金:2025





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野宿人

Author:野宿人
自転車で日本を一周しようと試みる大学生です。
基本的に行程中は一日一回更新する予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。