スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二百三十六日目 山口 「原発反対 長州ファイブ」

1月27日、生きてます。
会ってきました。彼らと。

無題2
昨日お世話になったファミレスを出発。
joyfull良いわ。ガストは深夜になると料金上がるけどここはそんなことないし。
嘗て新潟で出会った某先輩が教えてくれた(笑)

取り敢えず最短ルートで山口市まで向かいます。
…が、途中またパンク。しかも普通のパンクではなく、タイヤそのもの(外輪)がお釈迦に。
勘弁してホント。タイヤ高いんだよね。
近く(といっても5km)に自転車屋があったので、そこまで歩き。
そこでタイヤ買って、修理。タイヤ2700円もしたし。

修理が終わると、県庁前に行く前に、ある人と会いました。
実は、九州に入る前に訪れた酒屋で、気があった店員さんと一度飯でも一緒に食いにいこうという話になっていたので、ここで落ち合う。
うまい昼飯食わしてもらいました。どうもありがとうございます。
この人、嘗ては数年間お酒の修行したという程の酒屋さんなのに、プライベートでは一切飲まないらしいです。
お酒嫌いらしいです(笑)
こんな人もいるんだ。

で、その人と別れると、今度は山口県庁へ。
昨日の記事で書いた、「ハンガーストライキで原発に反対する5人」に会いに行きます。
その場所についたのが2時頃。
そこから5時までずっと話とかしていて、彼らが撤収する5時に、自分も彼らと一緒に一泊させてもらうことになりました。
そんなわけで昨日は半日彼らと一緒にいました。




以下ハンスト記事

以下は、彼らの主張の要約です。
というよりも寧ろ、彼らの主張を聞いた自分の解釈だといったほうが正しいですね。
他人の意志を100%完全に伝えられるという自信は無いですから。


ええと…何処から書けばいいのやら。
取り敢えず、今の原子力発電の現状から。

○原子力発電は、「石油に変わる新エネルギー」とされていることについて。

ちょっと誤解があるみたいです。
たしかにウラン235(原子力発電の原料)からはエネルギーが取り出せますが、それを行うための原子力発電所を作る為には、大量の石油を必要とします。
また、原子力発電を制御するのにも石油が必要です。
結局、石油に頼る所が大きいんです。




○原子力発電は二酸化炭素を排出しない、ということについて。

電力会社とかのCMで、原子力発電は二酸化炭素を出さず、環境に優しい! みたいなのがされていたりすると思いますが、CO2、出ます。
さっき言ったように、原子力発電の過程で石油を使用するため、それに伴ってCO2は出ます。
それが火力発電に比べ、どの程度なのかは自分は知りません。




○その他の環境面のことについて。

原発は、発電時に多くの冷却水を必要とします。
何故なら、発電時に膨大な熱量を発生させ、その1/3を電気エネルギーにしますが、残りの2/3を熱にして無駄に捨てるしかなくなります。決して効率の良い発電では無いです。
それ故、水の多い海沿いに作られるのですが、冷却に使われ、熱くなった海水は再び海に流されます。
すると、周辺の海水は7~10℃上昇することになります。
7~10℃といえばとんでもない温度上昇です。こんなのが日本に54つもあるんです。
温暖化の原因の一つであることには間違いないです。
また、この排水、多くの化学物質と放射能も含んでいます。トンデモねえ!

外に、原料となるウランを掘り出すのにも大量の環境破壊を引き起こします。
日本国内ではあまり無いのですが、海外では重大な環境汚染を引き起こしています。

原子力発電により生み出された放射性廃棄物は、重大な環境汚染を引き起こします。
また、万一事故があった場合、広大な範囲に、そして長期的に放射能汚染を起こします。
仮に原子力発電は通常運転での環境汚染が少ないと仮定しても、緊急事態の場合の影響が大きすぎます。




○放射性廃棄物について

原子力発電を行うと「死の灰」と呼ばれる高レベルの放射性廃棄物が生み出されます。
この中にはプルトニウムとう物質も含まれているのですが、これは核兵器の材料になり、また1gで100万人が死ぬ猛毒です。
この高レベル放射性廃棄物、なんと100万年もの間生命環境から隔離して管理しなければならない危険物らしいです。
現在の世界の技術では、放射能廃棄物はどこかに捨てることしかできません。
その捨て先はですが、

宇宙空間:要するにロケットで宇宙に放り出す。技術的に難しい
深海中:深海に沈めること。ロンドン条約により禁止されている
南極の氷床:氷の下に埋めること。南極条約により禁止されている
地殻中:地面に埋めること。一番現実的ですが、地震が多い日本では常に不安が付きまといます。
    地殻変動でいつ地中から出て来ないとも限りません。

ということらしいです。
人類はこの毒物を安全に最終処分する方法を見つけられないでいるのが現状です。
他にも放射性廃棄物は様々な問題も抱えています。




○日本では今電力が不足している訳ではない

原発を即座に辞めても、日本が電力不足になることは無いそうです。
それどころか、今の原発が生み出している電力全てを火力発電で賄ったとしても、火力発電所の稼働率は70%にしかならないそうです。
今は原子力発電所をフル活用して、火力発電を抑えている状態だそうです。






以上の事を踏まえて、彼らは
「原子力発電所はこれ以上要らない!」という結論に達したようです。
代替案云々ではなく、そもそも存在が要らないと。
作るのは今の世代の人々だけど、それを管理していくのはこれからの世代。自分たちの世代。
勝手に作ると決めないでくれ、と。

それも、実際まだ作ると決まったわけではないのに、住民の反対意見を無視する形で県知事は着工Goサインを出し、工事が始まりつつある。おかしいじゃないか、と。
5人全員、という訳ではないですが、それを止めるために様々な活動を行い、その一つが「ハンガーストライキ」だったという訳です。
彼らはこの活動を行う前に実際に県知事に会って話をしようとしたらしいですが、県知事は取り合ってくれなかったようです。
だからハンストの一応の目標は「県知事に会わせてもらうこと。」
その他、ハンストを通じて様々な人にここ上関原発の問題を知って、考えてもらうこと。
この記事を書いている今現在、彼らは11日に及ぶ真面目に命懸けのハンストを終えています。
結果は、最後まで知事にあうことは出来ませんでしたが、多くの人にこの現状を知ってもらう、ということに関してはある程度成功したんじゃないか、と思います。


もっと外に書きたいことがたくさんあるんですが、自分の中でも未だに纏まっていない所があります。
そんなわけで、一応はこれくらいにしときます。




走行距離:46.47
積算:12536
お金:1200くらい

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ふむぅ。54も原発があんだー日本。
それだけの原子力発電所があっても
メリットとデメリットがはっきりと周知されていない現状。
CO2の点ではまぁ、そうだろうと思ってたけど
やっぱりプルトニウムの処理には問題がある気がするなぁ。
あと、海水温の上昇具合にはびっくりした。
道理で日本海側に太平洋の魚が入ってくるわけだ。
CO2と温暖化が取り立たされたのと同時期に
原発が普及してないか?という疑問。
もしそうだとしたら、原発による温暖化をCO2に置き換えてないか?
いろいろ疑問が出てきたぞー(笑)
CO2の温室効果ってのも、難しい事いってて怪しいな。

Re: aochanさん

なんかもう何を信じていいのかわからなくなってきますよね。
結局自分の目で確かめるしか無い。
そんな風に感じる今日この頃。
これからも知りたい情報は足で稼ごうと思います(笑)




> ふむぅ。54も原発があんだー日本。
> それだけの原子力発電所があっても
> メリットとデメリットがはっきりと周知されていない現状。
> CO2の点ではまぁ、そうだろうと思ってたけど
> やっぱりプルトニウムの処理には問題がある気がするなぁ。
> あと、海水温の上昇具合にはびっくりした。
> 道理で日本海側に太平洋の魚が入ってくるわけだ。
> CO2と温暖化が取り立たされたのと同時期に
> 原発が普及してないか?という疑問。
> もしそうだとしたら、原発による温暖化をCO2に置き換えてないか?
> いろいろ疑問が出てきたぞー(笑)
> CO2の温室効果ってのも、難しい事いってて怪しいな。
プロフィール

野宿人

Author:野宿人
自転車で日本を一周しようと試みる大学生です。
基本的に行程中は一日一回更新する予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。