スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二百三十四日目 佐賀~福岡 「吉野ヶ里」

1月25日、生きてます。
今はファミレスでブログ更新してるんですが、暑い。
最近暖房器具に殆ど触れなかったせいか、暖房の熱風がひどく暑く感じる。
顔が火照って気分が悪いわ。

無題2
宣言通り吉野ヶ里を訪れ、その後は福岡市へ。

今朝は道の駅から起床、ここで朝飯を買ってから山を下って吉野ヶ里へ。
道の駅のパンとかは良いですね。朝だからできたてだし、安いし。
蒸しパンとかでっかいパックに入って200円だったりするし。
走行中にちょっと摘むのにもいい。

とか言ってるうちに吉野ヶ里つきます。
てか公園の範囲がバカでかいのに、入り口が一つしかないのでぐるっと回って入口をさがす羽目になります。
ホントにでかい。

取り敢えず入り口で入場券を買う。400円。
何かものものしい博物館っぽい所を想像してたんですが、入るときに「いらっしゃいませ~!」て言われちゃったよ。
完全に商業施設かよ。

吉野ヶ里遺跡は、大きな集落や埋葬跡、権力者の墳丘墓、多数のアクセサリーや大陸渡来の鉄製器などが見つかっている弥生時代の国内最大規模の遺跡。遺跡の範囲は50Haにも及ぶとか。
因みに環濠や櫓など、防御性の強い集落なので日本の百名城にも指定されてるんだとか。
"跡"があるだけで実物すら残って無いのに百名城って…

012501.jpg
こんな感じ。
いくつかある櫓の上から下を見渡す。
これでも公園のほんの一部にすぎず、こんなのが周りに広がってます。
この茅葺きの竪穴式住居とか櫓とか全部復元したんだから凄いですね。
最も、完全にコピー、という訳ではなく、かつての文献や、他の遺跡、この時代に書かれた絵、中国の文化などを参考にして、「こんな感じだったんじゃない?」って復元したものらしいです。
しかし此処まで復元する必要があったんだろうかとか思ってしまう…

012502.jpg
当時の権力者の会議とかに使われたのであろうっていう、一番大きい建物。
何か格好良い。

012503.jpg
一番普通っぽい竪穴式住居の中。
道の駅のベンチよりは寝心地良さそうだわな。

そんな感じでブラブラして、再び福岡目指して出発。
今日中に海岸線に出たい。

そういや、道中に「太宰府天満宮」に寄ります。
今の時期だと完全に冷やかしですけど(笑)
012504.jpg
これ。
流石に人で溢れ返っていました。
てか中国人の観光客が沢山いた。人気あるんでしょうか。
天満宮自体より、周りに置いてある酒樽に注意が行ってしまう(笑)
012505.jpg
近くの駅から天満宮までは石畳になっていて、両側にお店が軒を連ねてます。150mくらいあっただろうか。
こんだけあって酒屋が一件もないとは之如何に。

012506.jpg
天満宮からの帰り道に、こんな景色が。
何か神の裁き! みたい。
ここの住人何したんだ。

ここから福岡市をぶっちぎり、海岸線の道の駅まで突っ走ります。
結構な距離走りました。疲れた。


走行距離:194.43
積算:12374
お金:2632
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野宿人

Author:野宿人
自転車で日本を一周しようと試みる大学生です。
基本的に行程中は一日一回更新する予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。