スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二百三十三日目 長崎~佐賀 「河伯」

生きてます。
今日はとんでもないもん見ました。

無題
ようやく長崎を抜け再び佐賀へ。
これから吉野ヶ里を目指してしばし内陸へ進みます。


取り敢えず朝はブログを更新し、10時に出発。
最近は朝に更新することが多い。
012401.jpg
昨日は最西端に行きそびれたので、最西端の駅 とっときました(笑)

ここから海沿いをずっと走り、伊万里の辺りまできます。
この辺を走っていると、ふと看板が目に入りました。
「かっぱ酒造」
あ…いかん…足が勝手に……

そういう訳でまた行っちゃいました。酒蔵。
ここも酒蔵内見学可能なんですが、製造過程を見れるのではなく、展示してある色々な酒造の器具を見れるだけでした。ちょっと残念。
この前のは焼酎だったので、日本酒のがみたかった。

012405.jpg
でっけー木桶とか、樽とか。
昔はこんなんで酒作ったみたいですね。ロマン溢れる。そうでもないか。
こういうので造ったお酒が一回飲んでみたい。

012404.jpg
酒蔵関係の物以外にも、火縄銃とか、古銭とかも飾ってありました。
ちょっとした博物館みたいになってる。

それでですよ。
ここの酒蔵、ちょっとスゴイもの飾ってあります。
というか祀ってあります。
見学可能な酒蔵の一番奥に行くと、それは有りました。
012402.jpg
これ。
物々しく、丸い所の真ん中に飾ってある奴。
拡大してみます。
012403.jpg
何かの動物のミイラ。
見た感じ人間でもなく、他の哺乳類でもない。
水生生物を思わせるくちばしのような口、大きく飛び出た目、甲羅の様な肋骨、
写真では確認できませんが、頭のところには皿を思わせる凹みがあり、5本指の前足、3本指の後ろ足には水掻きのようなものが確認できます。
因みに肋骨は人間では12対なのに対し、こいつは16対あります。
一体何のミイラなんでしょうね。


ここの酒蔵の人たちはこれを河童のミイラとして大事にしているみたいです。
結構有名らしく、この日だけでバスツアーで4組も見学客が来るみたいでした。
繁盛してんじゃん。河童様様だこりゃ。
なんでも河童はきれいな水にしか住めないので、きれいな水を必要とする酒蔵には守り神のようなものなんでしょうね。
話を聴くとここの酒蔵さんも、このあたりに綺麗な地下水を求めて10箇所以上井戸を掘ったといいます。
酒蔵を開くのもたいへんなんだなあと。
因みに今はこの辺は炭鉱の開発により地下水はやられてしまったので、水は有田の山水を使って酒作りをしているみたいです。

ココ方達とも少しお話しして、ここの酒蔵のお酒を本醸造~大吟醸まで全種類試飲させていただく(笑)
昼間っから最高だわ!
ごちそうさまです(笑) 
同じ酒蔵で別グレードのお酒を比べて飲むと違いがよくわかりますね。
やっぱ純米吟醸かな?
でも、ここの純米大吟醸が変わった味でだったので購入。
美味しかった。

そういえば、展示スペースにあった木製の酒造道具を「今も使ってるんですか?」って聞いたら、
今の酒造施設を少し見せてくれました。
012406.jpg
完全金属製の近代化した酒造施設。
ちょっと残念。


その後、伊万里から山道に入っていきます。
結構酒蔵でのんびりしてしまったので、だんだん暗くなってきます。天気もあんまり良くない。
峠を一つ、二つ越え、三つ目を上り切り、さあここから下れば今日の目的地だという時に、悲劇は起こりました。
パンク。
何でこんなところに針なんか捨ててあるんだ。
捨てた人は少し罪の意識を感じて欲しい。
夜。山道。雨。パンク。
自分の考え得る最悪の状況が今、実現しました。
やばい、心折れそう。
折れたところでどうしようもない(笑)
ここじゃ暗くてパンク修理できないので、取り敢えず街まで歩き。
せっかく下り坂が恨めしい。
結局3kmほど歩いて、見つけた駅の構内でパンク修理。


でも今日は温泉に入れたから良かった。
道の駅も待合室が24だったからゆっくりできたし。

走行距離:カウントし忘れてました。次の日の文と一緒になってます。
積算:
お金:2342

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これむっちゃ有名な河童のミイラやで!
知らんかったらもぐりやで。
何回もテレビで取材とか特集とか組まれてるし。

オカルト好きとしては見逃せない記事やな。

Re: ナラトモさん

実際のところ、自分これの正体知ってるんですよね(笑)
まあ確定というわけではないですが、そうじゃないかっていう。

カッパを生物として考えてみると、結構生態的におかしいところ多いですよね。
頭に水が~云々は置いとくとして、水中生活をする生き物としてあの体型には無理が多すぎると思うし。



> これむっちゃ有名な河童のミイラやで!
> 知らんかったらもぐりやで。
> 何回もテレビで取材とか特集とか組まれてるし。
>
> オカルト好きとしては見逃せない記事やな。
プロフィール

野宿人

Author:野宿人
自転車で日本を一周しようと試みる大学生です。
基本的に行程中は一日一回更新する予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。