スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二百二十五日目 鹿児島 「池田湖」

1月16日、生きてます。

九州は雪などとは無縁の、一年中暖かい土地…
そんな風に思っていた時期が、僕にも有りました。
011601.jpg
鹿児島でこの有様。
日本は寒いところなのね…

無題
念願の池田湖を通り、西海岸を北上開始。

道の駅から起床、出発すると間もなく池田湖に到着します。
ここはオオウナギとかいっしーとかで前々から何となく興味があった所です。
来て何をするって訳でも無いんですが、何となく興味があった。
011603.jpg
これが池田湖。
さっき書いたように、オオウナギが大量に生息していることと、未確認生物イッシーで有名。
湖岸に少しだけ菜の花畑があります。
てか菜の花って今の時期に咲いてるんだ。
確か滋賀県では開花時期は3月くらいだったはず。
それだけ暖かいってことなのか、品種が違うのか。

この菜の花畑の反対側にある物産センターに立ち寄ると、奥に水槽があり、オオウナギが飼育されていました!
011602.jpg
コレ。
てか部屋に入った途端にカメラのレンズの内側が曇ってこんな写真しか撮れませんでした。
面目無い。
大きさが2m、重さは20kgにもなるそうです。
太さは胴回りが50cmも奴もいるとか。
大体大人の片足を、2倍くらい長く引き伸ばした様な大きさです。でけー。
因みにこいつら、「オオウナギ」という種で、「ウナギ」とは別種です。
食べれるけど、うなぎほど美味うはないそうです。残念!
ここの奴は天然記念物に指定されているので無理ですが、いつか食ってみたい。

暫く時間を潰した後、再び出発。
011604.jpg
自分的、池田湖が一番池田湖らしいアングル。
山に囲まれた小さなカルデラ湖。
といっても何気に九州最大の湖です。直径3.5kmしか無いのにね。
因みにこのあたりはランクCの活火山なんだそうな。
この湖、水深が200m以上あって、かつては世界第7位の水の透明度を誇ってたんですが、最近は汚水が流れ込んで赤潮が発生したりしてるそうです。


その後は再び海沿いに戻り、進みます。
このあたりに薩摩富士と呼ばれる、開聞岳という山があるので見たかったんですが、吹雪で見えず(笑)
良いところで邪魔ばっかりしやがる。





走行距離:75.08
積算:11553
お金:2193
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野宿人

Author:野宿人
自転車で日本を一周しようと試みる大学生です。
基本的に行程中は一日一回更新する予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。